「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

痛いのとんでけ!

ご心配くださり、元気パワーをくださったみなさん、ありがとうございました。
おかげでここにもどってくることができました。
本当に、ほんとうにありがとうございます。



さっそくですが、

最初は、もともと度胸のあるコではなかったので、
引っ越したばかりで環境になれず、おとなしいのかと思っていました。

そのうち階段でなんとなく足をかばっているような・・・・
と思い始め、骨や関節の異常を疑いました。
引っ越しでコルクマットが間に合わず、フローリングで痛めたのかしら、、、、明日にでも病院に行こう。
そう思って、マッサージをしていたところ、後脚と腹の間に嫌な感触がありました。

イボ状ではなく、筋肉のようなぽっこりしたナニか。
なんですぐに気付いてあげられなかったんだ、という悔しさと、血の気が引くのを感じました。



翌日、病院にいくと、先生も表情が変わる。
「フラットのこれはなぁ・・・」と。

細胞を専門機関にだし、なぜかいっしょに起こっていた炎症をおさえる薬をさきに飲み始める。


結果。
難しいことがいっぱい書いてあったけど、、、
すぐにとらないといけないような、とっても悪いものではないが、要注意。
びみょー。

内服薬で対応し、2週間でいったん消えた。
痛みが消えたせいか、アレンはだんだん元気になる。
スリッパもって走り出す。

ところが休薬して3日もたつと、また膨らんでくるのだ。
急激に手のひらくらいの大きさと、厚さのふくらみが。

薬自体には、とても反応が良く、ひどい副作用もでていないようなので、長期で内服してみましょうということになる。

5日から一週間ごとに病院に通い、現在小指の先くらいの大きさ。
休薬して、このまま大きくなって来なければ、とりあえずひと段落。

もし大きくなってこれば、手術も考えなければいけないよう。
筋肉に入り込んでいると、厄介みたい・・・


痛みもなく、お薬も飲んでいないからだるくないし、今はルンルンのわたしです。
病院の先生は「本人が元気そうなら、旅行にでも連れて行ってあげてください」と。

そんなにいきたそな顔してますか?アレン^m^
旅行は行ってませんが、ワサワサしだした我が家です。

b0126494_013414.jpg


泣くのはもうヤメ。アレンに気持ちがうつっちゃいますね。笑顔は薬だよ~
[PR]
by alen-room1210 | 2009-09-26 00:08 | アレン